トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  カラチ  >  カラチのアヴァリタワーズ Avari Towers, Karachi

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルシャ系が経営するAvari Towers Karachi | トップページへ戻る | イスラマバードのカプリ・ワン Capri One, Islamabad

このページのトップに戻る

カラチのアヴァリタワーズ Avari Towers, Karachi

2012年12月09日

Avari Towers Karachi、カラチで宿泊しているホテル。20階建て、236室のホテル、この高さはカラチの中でももっとも高い建物の一つだろう。南側の部屋だけ使っているので北側はリノベーション中と思われる、工事をしてる気配は無い。

徒歩5分掛からないでAtrium Mallまで行ける、よってその周辺の繁華街も同じ、隣が軍の施設のようだ。

9階の部屋(916号室)に滞在している、窓から市街地が俯瞰できる。丁度、真下にホテルのプールがあるがこの季節は誰もいない。正面右方向、南西にアラビア海が見える、その手前にマリオット、その前が日本領事館だろう。正面は歴史的な建物を利用したカレッジ、その先に教会が見える。左方向が空港方面、東方向となる。一時は名を馳せたメトロポールホテルが目の前にあるが今は閉館している。

部屋は近年に改装された内装だがややこり過ぎだろう、四角をモチーフにしているようにも見えるがシンクは丸い。シャワールームは四角が多い、水が出る器具は四角だし、上からと横からもシャワーが出る、手持ちのも四角だ。

ダブルベッドの部屋、ベッドは寝心地が良い、枕の選択肢があるとの案内がある。パキスタンのホテルでは照明が暗い印象だったがこのレベルのホテルはかなりまとも、しかし、ベッドの枕元へのスポット照明は本も読めないしベッドサイドランプで十分だがそれがない。

バスルームは気候的にシャワーだけ。バスルームがガラス張りでベッドルーム側から見える、最近の流行なのか、インドのホテルもそうだった。ガラスなので広く感じることは確かだ。

ワーキングデスクがやや狭い、資料をたくさん置けないのは私的には快適性を損なっている。壁にフィリップスのTVがある、32インチ若しくはそれ以上かも。NHKワールドが映るが観ていない、BBC、CNNなども入る。


朝食はしっかりしている、最上階の日本料理屋フジヤマはパキスタン系なので揚げ物が多く、リピートする気にはなれない、ロビー階の朝食を食べる LiveAsia、よくブッフェをしている。アラカルトでパキスタン料理を食べたが、塩辛く私的には失格。1階に王朝という中華料理がある、まあまあとの 評判だったが私には甘かった。

宿泊料金は税込みでRs.11,020とのこと。あーだこーだと勝手なことを言ったが今夜で最後だ、カラチでの選択肢はここしかないようだ。次もここになるのだろうな。
Avari Towers Karachi
Fatima Jinnah Road, Karachi 75530
+92-21-111-282747
http://www.avari.com/property/avari-towers















ペルシャ系が経営するAvari Towers Karachi | トップページへ戻る | イスラマバードのカプリ・ワン Capri One, Islamabad

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

gostinitsa-k

Author:gostinitsa-k
筆者は居住空間に高い関心を持っており、出張中でも例外ではなく、仮住まいであるホテルやアパート、また、旅行の時のホテル等を観察しています。職業上、多くの国や都市に滞在するため、その時の備忘録を兼ねてメモを作成することにしました。過去のは海外ホテル滞在メモです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。